これから大阪府の通信制高校に通いたい

既に働いている人は資格取得等をしてさらにランクアップさせることもできます

通信制高校 大阪府 | 大阪市の通信制高校一覧-ニュースク

そのため、面接の時間を設けているわけです。
面接で問われたことに答えられなくても問題ありませんが、少なくとも敬語で話をすることができるか、あるいは相手の目を見て話すことができるかなどの基本的なことさえクリアしていれば合格出来る可能性は高いです。
通信制高校の問題点があるとすれば、途中で勉強をやめてしまう人が多いことです。
全日制高校の中退率が1割程度とすれば、通信制高校は4割から6割程度とされています。
入学したときの人数の半分程度は途中でいなくなってしまうか、学校によっては半分以上が卒業する前に止めてしまうことがありえます。
なぜこのようなことがあるかと言えば、モチベーションを維持することができないことが考えられるからです。
特に、仕事をしながら勉強している人は仕事が忙しくなると勉強自体は後回しになってしまう傾向にあります。
勉強が後回しになると、次第に勉強から離れてしまい教材等が届けられても手をつけない可能性が高いです。
結果的にそのような生徒の多くは高校中退をしてしまう可能性が高いです。
このようにならないために、学校ではスクーリングの制度が設けられているところも少なくありません。
スクーリングとは、通信制でありながら学校に通うことができる仕組みのことを意味しています。
学校によって異なるものの、1週間ないし2週間に1度スクーリングの時間が設けられており、その日は学校に通うことができます。
ただ実際には、働いている人も多いためすべての生徒がスクーリングに参加できるわけではありません。
もし都合が良い時間があれば、スクーリングに参加してみると学校内で友達ができる可能性もあります。
また、先生に悩み相談をすることもできるため、心のモヤモヤを消すことが可能です。
就職先に関しては、全日制の高等学校と変わらないようなところが用意されています。
もし、既に働いている人は資格取得等をしてさらにランクアップさせることもできます。
人によっては、大学進学を目指す人もいるでしょう。
いずれにしても、ただ働いていた時に比べればより夢のある進路を選ぶことが可能です。

通信制高校の特徴は、自宅学習がメインになるところ : 全日制高校や夜間の学校のように定員が存在しない : 既に働いている人は資格取得等をしてさらにランクアップさせることもできます