これから大阪府の通信制高校に通いたい

全日制高校や夜間の学校のように定員が存在しない

通信制高校の特徴は、自宅学習がメインになるところ : 全日制高校や夜間の学校のように定員が存在しない : 既に働いている人は資格取得等をしてさらにランクアップさせることもできます

学力的な問題もありますが、それとは別に必要な出席日数が足りていないため仮に試験の点数が良くても合格できない可能性が高いわけです。
かといって、高校進学の道が絶たれるわけではありません。
全日制高校に入学をすることができれば、高校進学の道が開けると同時に、卒業資格を手に入れることができます。
ちなみに、全日制の高校の入学試験は、基本的な面接だけでなく、筆記試験もありますが筆記試験の内容は0点を取らない限り落とされる事はないでしょう。
難易度もそこまで難しくなく、偏差値が30台でも合格できるケースが少なくありません。
このように、学力がそれほどなくても入学できる理由は、全日制高校や夜間の学校のように定員が存在しないからです。
普通は、教室がありそこに一人ひとりの生徒の座席があります。
一学年の座席の数が500しかないのに、600人を入学させるわけにはいきません。
この場合選抜試験で500人を合格させ残りは不合格にさせなければならないわけです。
しかし、通信制の高校の場合には、極端に人数が増えない限り定員オーバーになる事は考えにくいです。
なぜなら、全員が教室に通うわけでは無いからです。
そのため、試験があっても学力はそれほど必要無くても問題ないといえます。
ただ、非常識な人間を入学させてその学校の名前を汚す事は避けなければいけません。

大阪市立の高校を大阪府に無償譲渡して、潰して売っ払って、こういうのをガンガン許可するんでしょうかね。


エンタメ技能を習得へ よしもとアカデミー今春開校https://t.co/6b4mFA227U
”中学卒業でお笑いを学びながら通信制高校卒業の資格が得られる「吉本興業高等学院」(3年制)も開校”

— 一阪人2🌻 (@ourosaka2) January 12, 2021